CH. TEHYA UNTOLD LUV STORY (Sara)

Date of Birth:02/Nov/2013   SEX:Female 

Country of Origin:Australia

Sire:SUP. CH. TEHYA DESTINY ALL TOLD (Hunter)
Dam:CH. TEHYA GREATEST LUV OF ALL (Nina)

Health:NCL(CL) / TNS / CEA両親クリア、
  Hip 3:3(股関節正常)、肘関節正常、DNA登録済

Story2014年2月、SaraをTeresaの待つTehyaの犬舎まで迎えに行きました。入国の際の検疫で思わぬ時間がかかってしまい、国内線の接続便に乗り遅れ、成田で一泊する羽目になったのは、今となっては懐かしい思い出です。当初は本当におとなしい仔で、声が出ないんじゃないかと心配したほどでした。しかし、実はとっても活発で、特にフリスビーで遊ぶのが大好き、競技会にも時々参加しています。性格はとても素直で、人にも犬にもフレンドリーです。ただ、食いしん坊は折り紙付きで、おいしいもののおねだり上手です。

 Saraは2歳3ヶ月でチャンピオンタイトルを獲得しました。当初は対戦相手が少なく、最初に勝ち上がっても、チャンピオンとの対戦に敗れるということの繰り返し。ショーではプロハンドラーの方々がやはり多く、シロウトハンドラーでは、チャンピオンへの道が本当に果てしないものに思えました。ただ、その分、プロハンドラーや先輩ブリーダーの方々に気にかけていただき、トップレベルのノウハウをたくさん教えていただきました。チャンピオン申請時ようやく手にした4枚のカードのうち、2枚がベストオブブリードでグループ3位、2枚がいずれもFCIインターナショナルショーでのアワード・オブ・メリットだったことは、私とSaraの密かな誇りです。

 Saraは3歳になった頃からいつも以上におとなしくなり、ドッグショーを嫌がるようになりました。以前から、ショーに出るより庭で遊んでいたい仔でしたし、相変わらず食欲旺盛でしたので、私たちは異常だと思っていませんでした。ところが、ショーで久しぶりにお会いしたボーダーレーンのOさんに、以前と比べて随分おかしいと病院受診を勧められました。検査したところ、指摘通り、甲状腺機能低下症を発症していたことが分かりました。すぐにホルモン補充療法を行い、今ではすっかりお転婆を取り戻しています。だからOさんはSaraの恩人なのです。

 両親はいずれもオーストラリアチャンピオンですが、父親のHunter は最高位であるシュープリーム・チャンピオンの称号を持っています。特に Hunter は2016年、オーストラリアで最も権威あるショーの一つである、シドニー・ロイヤルで”BEST in WORKING DOG GROUP(<ボーダーコリーで1位優勝、ボーダーコリー代表として、ワーキングドッググループで1位優勝>リンクはYouTube動画:13分45秒ごろから登場します)”と ”BEST AUSTRALIAN BREED in SHOW ”のタイトルを獲得。これはオーストラリアの頂点のひとつに立ったとも言える快挙で、本当に驚きました。

2018年01月11日